({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
DL : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 Cult7フォローする
販売日 2017年05月05日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
13.34MB

作品内容

2月に商業で出した銀行員先輩後輩小説の番外編です。
後日談といった内容となっておりますので、ご注意ください。

……都内のある銀行の支店。
忙しない日々も落ち着き、春らしい穏やかな空気に包まれていた。

大沢にとってもそれは同じ、いや、もう一つ大きな理由がある。
いまとなってはよき同僚、よき恋人となった泉の存在だ。
その日は彼と共に、久々のデートとなった。
場所は植物園。温室の熱気は大沢をのぼせさせるのに十分だった。
泉の、筋の浮いた二の腕に目が行く。そういえば、一ヶ月ほご無沙汰であったことを大沢は思い出した。
その程度で飢えるような人間ではないと否定するが、声は掠れ身体はふらつく。やがて彼は泉に、奪うように唇を押し当てていた。

「もしかして、……したくなっちゃいました?」
「いちいち聞くな」

28ページの作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「恋人志願」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件