同人 > HONEY & PASSION > 大正トリップ > 大正トリップ・書生~恋に上下の隔てなし~

         
({{ product.rate_count }})
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

時は大正時代。
お嬢様のあなたには書生の男友達がいます。
互いに想いあっているけれど、彼の性格や、身分の差もあり、二人の恋は進展しません。

ある日一緒に遊びに行くことになり、そこであなたは父親からお見合いの話をされた事を伝えます。
彼は戸惑い、お屋敷まで送る際にあなたに欲情しながら告白します。

ずっと好きだったと――。


大正トリップシリーズ第一弾!

わんこ系書生との身分差恋愛をお楽しみください。

------------------

 収録時間 約47分

 フル再生版とシーン別のデータをそれぞれ収録しています。
 始めから通しで楽しむのも、お気に入りのシーンだけ繰り返し聞くことも可能です。
 
 SEあり版とSEなし版をそれぞれご用意しております。

 ★キャスト
  書生:松永みとせ 様

 ★スタッフ
  シナリオ:退紅
  イラスト:宮田一
  音声編集:谷崎御景

 ★SEクレジット
  小森平の使い方 様
  http://taira-komori.jpn.org/

  制作:HONEY & PASSION

トラックリスト

  1. 1.逢瀬

    04:46

  2. 2.銀座をブラブラ

    09:12

  3. 3.理想のキネマ

    08:29

  4. 4.別れたくない

    15:12

  5. 5.告白

    07:52

  6. 6.キネマのような

    02:18

作品情報/動作環境

作品番号
RJ177130
ファイル名/ファイル容量
RJ177130.zip / 129.03MB (135298623Byte)
DLpt
 0

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「大正トリップ・書生~恋に上下の隔てなし~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

初体験(2)

一途

2016年06月06日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

現代物以外もいいなあと購入してみました。
書生さんとかピュアそうでときめき度高い気がして(笑)
想像していた通りのピュアで気の良い書生さんでしたが、思いが爆発してそういう行為に突入した時は、どこで始めちゃったのかビックリしてしまいました。
まさか外でとは…意外に肉食だった書生さんでした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!大正時代の恋物語

2016年05月14日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×0人

お嬢様なヒロインと作家志望の彼・・・
恋に不器用な二人でした。

彼は気弱な書生クン・・・かと思ったら。
少し違いましたね。

ヒロインへの想いに切羽詰まった彼。
意外とグイグイ押してきます。
一途にヒロインを想う真面目な彼だからなのかもしれませんが・・・

想いが爆発しての行為は聴いていてハラハラ、ドキドキしました。
おとなしく真面目で気弱な彼というだけではなかったようです。

色んな面を併せ持つ彼はビックリ箱のようで楽しめました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]