同人 > 境界線 > 女神からの贈り物

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 境界線フォローする
販売日 2015年10月28日
カップリング
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数135ページ
ジャンル

作品内容

―――――

 目が覚めた。
 理由もわからず、最悪な目覚めだと思った。

 脳裏を漂う信じがたい記憶に目を見開く。その途端に、思い出しかけた事象が、阻まれる。腕をとられ覆いかけていた視界が明けて、胡乱なそれを向けた先に目覚めが最悪である理由を、見つけた。
 視界が自分の腕以外の影で覆われて、何度も嗅いだその存在の匂いが迫っていた。手同様に億劫な目蓋を見開けば意識せずとも姿形を捉え、いつも通りの強烈な憎悪に熱のこもった眼差しを受けて、ままならない身体の熱が勝手に上がっていくことへの抵抗を手放した。
 力の拮抗が瓦解した日のことだった。


―――――

家出から理事会成立あたりまでを、デン○ーク視点とス○ェーデン視点でたどります。再録で追加したフィ○ランド側視点も載せています。
他に、現代になってからお泊りしたり、5人でサウナに行ったり、スーさんのクロスについて言及したり、あんこが不思議能力を発揮するほのぼの話があります。
少数の方にしかお手に渡らなかった第2版のみのおまけページも。

130ページを超える長い話ですので、目次ページにクリックでジャンプできる機能をつけています。
サンプル程度の暴力、監禁、凌辱の表現があります。
実際の国、および歴史とは関係ありません。
方言のてきとうっぷりに目をつむっていただければ幸いです。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ165199
ファイル名/ファイル容量
RJ165199.zip / 2.43MB
DLpt
 0
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「女神からの贈り物」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件