同人 > Carbohydrate > 執着の檻

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

ある日、透也はペットとして遼に飼われる事になった。
ペットなのだから家事をする必要も、働く必要もない。ただ同じ部屋で暮らし、遼を癒せばいいのだと言われた。
金に困っていた透也はその申し出を受け入れる事にする。
だが、問題は遼は一人暮らしではなく、家には遼の弟である顕も居た。
遼の性癖に慣れていた顕は透也を受け入れたが、遼の自分勝手な態度に透也を不憫に思い、次第に心惹かれていく。

双子攻め・3P
合計時間:1時間24分

シナリオ:涼和
音声:ヤマダタロウ・紺・櫻井智夜
イラスト:てなんきち

作品サイト
http://carbohydrate.xii.jp/syuutyakunoori/index.html

サークルサイト
http://carbohydrate.xii.jp/

作品情報/動作環境

作品番号
RJ163243
ファイル名/ファイル容量
RJ163243.zip / 76.81MB
DLpt
 0

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「執着の檻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

ほんのりヤンデレ

2015年11月10日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×5人

レビュアーが選んだジャンル :

どのキャラクターもイラストのイメージと合ったお声で、
とにかく声優さんがとてもお上手でした!
(もしかしたら、プロ過ぎない演技が好きな方には滑舌や演技力が良すぎてダメかもしれません。)

内容も、イラストの印象から思い描いていたような、鬱々とした暗さがなく、
執着などはあれど、明るめの雰囲気だと思います。

・遼さんは執着型の色っぽい美人さん(ちょっと複雑な性格)
・透也君は素直でかわいいワンコ(凄くいい子です)
・顕はクールで何事にも無頓着そうだけど、実際は優しくて 熱くて一途っぽい性格

といった感じの3人でお話が進みます。

個人的に執着系、ヤンデレ系が好きでしたが、
顕さんみたいな見守る系の愛し方もいいなぁと思いました。

主人公の透也くんが、明るくていい子なので、
事実上の監禁なのですが、暗さがないので、
鬱っぽい話が苦手な方でも大丈夫だと思います。

ただ、逆に期待していたようなドロドロした執着や束縛感が
あまり感じられなかったので、アッサリしている印象です。

もっと暴走してくれて良かったです><

最後も、鬱エンドではなく、納得のいく終わり方なので、
重い気持ちにならずに済みました。

透也君は、Hではなかなか過激な目にあうのですが、
本人が恨みがましくなく、何事もサクッと受け入れるタイプなので、痛々しくなくてそこも良かったです。

とてもいい子でかわいいです。

作品全体は、執着・監禁・束縛といった、
少しヤンデレ要素のある内容を網羅していますが、
そこまで重さも暗さも感じないので、
そういう方面が好きな方(自分含め)には少し物足りないのですが、
素敵なお話だと思います。



ただ、要望を言うなら、
BGM無しバージョンをぜひアップして頂きたいです!!!

「ここBGM無しで聴きたい!」と思う箇所がいつくかありました。


よろしくお願いします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]