({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
DL : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年07月05日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
28.03MB

作品内容

梅雨に彩られた審神者の少女と鶯丸の物語。
「たまには買い物に付き合うか。」気まぐれに鶯丸に声をかけられた審神者の少女は雨の降る中、万事屋へ。無事に商人との商談も済んだところで辺りを見ると鶯丸がいない。いなくなった思い探してみると、道行く女性から声をかけられ楽しく会話を楽しんでいた。嫉妬した少女は「先に帰ります」とむくれてしまう。つい、もやもやした気持ちを抱えていたまま歩いていたのを悪漢に目をつけられ裏路地に連れていかれるが、寸でのところで鶯丸が助けに来る。恐怖におびえる少女を抱擁しつつ休憩処へ。雨に濡れた体を整えつつ二人はお互いの気持ちを体と一緒に合わせていくのだった。

44ページの作品です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「アメトテチツテ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件