({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
DL : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 1stacフォローする
販売日 2014年12月20日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
288.15MB

作品内容

//お話

九条春霞は一人暮らしの学生。
あなたは彼を幼少の頃からただずっと見守ってきました。

だけどそれも今日で終わり。ついにお別れの日。
あなたは不思議な力を借りて彼の寝室に立ちます。
最後にたった一度だけ、彼と同じ目線で見つめ合うために。

*

男性ボイスアクター様に演じて頂く 語り掛けR18女性向音声作品です。
現代/学生/微ファンタジーです。
人外→人間擬態ヒロイン(話しかけられる側)
報われないながらもしみじみとした雰囲気の一夜を目指しました。

*

!ご注意

現代/学生/微ファンタジーです。
タイトルにある「月猫セレネ」は「微ファンタジー」の一端となる存在ですが、シチュエーションにはかかわっていません。
ヒロインが「人間の女性に擬態した人外」になります。
ヒロインがキャラクターに命名され 時折固定名称を呼ばれます。ご注意下さい。

正体不明ヒロイン(人外)/話せないヒロイン/初めて同士/始まりと同時に終わる恋(悲恋気味)

雲をつかむようなヒロインなので、正体を明らかにして楽しみたいという方は
初めのトラック01のあと、最後のトラック08でご確認頂いてから通して聞いていただければ良いかもしれません。

*

cv:くっきーたん 様

*SEについては同梱テキストとサークルブログにて記述

*

今作は製品データの他に環境ノイズやNG等を残したままの未編集音声をおまけとして同梱させて頂いております。
合わせてお楽しみ頂ければ幸いです。
(ベースとなったtakeの同梱になりますが製品データは別takeも混ざっているため、製品の元が同梱のものと全く同じ音声というわけではないことをご了承下さい)

トラック

  • 01_セレネと春霞
  • 02_擬態化
  • 03_キス
  • 04_触りっこ
  • 05_お口と指で
  • 06_触ってあげる
  • 07_最後の
  • 08_アフター
  • 00_full (総再生時間 01:08:43)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「月猫セレネときみのこえ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!切なく素敵なファンタジー・・・

2014年12月22日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×3人

ヒロインは人間擬態とういう事ですが聴いていて違和感はなかったです。
ちゃんと彼、春霞クンに名前を呼んでもらえるからでしょうね。

こういう作品には珍しくヒロインには名前があります。
名前は話の流れから春霞クンに付けてもらうんですが冬の夜にピッタリの名前でした。
同じ名前の方が聴かれたら嬉しいんじゃないかな?
くっきーたん様に色っぽいお声で呼んでもらえますから・・・

どういう名前を春霞クンが付けたか?
それを楽しみに聴くのも良いかもしれません。

ヒロインの正体は予想と違っていたので少し驚きました。
あとラストの春霞クンの家庭環境(?)にも二度ビックリ・・・
えっ!?そうなの?って感じでした。

冬の夜、暖かい部屋で聴くファンタジー作品。
甘く切ない作品ですがオススメです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]