同人 > 姫林檎 > 月曜日の恋人

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 姫林檎フォローする
販売日 2014年10月12日
カップリング
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

烏野○校男子バレー部マネージャーの翔陽♀は青葉城西との練習試合の際、主将及川の圧倒的能力に魅せられた。
どうしてもあの技術が学びたいと、ある日単身にて青葉城西へと乗り込む。てっきり門前払いを食らうかと思いきや、及川はそんな翔陽を快く迎え入れた。
練習後、二人きりになった翔陽はサーブを教えて欲しいと懇願する。だが流石の及川も敵陣に塩を送るような真似はちょっとと難色を示す。そこをどうかと尚も食い下がる翔陽を前に、及川はどうしたものかと軽く思い悩む。そんな折、不意に彼の脳裏にはあのクソ生意気な後輩の顔が思い浮かぶ。
もしこの子を奪ったら、あれはどんな顔をするのだろうと。
そこで及川は翔陽に対し、ある提案をする。敵チームとしてはできないけれど、私的だったら構わない。つまり、恋人としてだったら受け入れると。彼の技術を学び取りたい翔陽にとってそれに乗らない手はなかった。男女交際をろくすっぽ知らぬまま深く考えもせずに翔陽は二つ返事に頷いた。そのようなきっかけを経て付き合いだす二人だったが…?

作品情報/動作環境

作品番号
RJ142926
ファイル名/ファイル容量
RJ142926.zip / 84.42MB
DLpt
 0
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「月曜日の恋人」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件