同人 > 姫林檎 > 私の男

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 姫林檎フォローする
販売日 2014年07月17日
カップリング
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

黄瀬はかつて一世風靡した元モデルで25歳のエリートリーマン。
テツナはそんな黄瀬くんの住むマンションのお隣さんで1●歳のJK。
テツナは母のテツノ(※オリキャラ)さんの生き写し。黄瀬くんは密かにテツノさんへと想いを寄せていた。
ある日黄瀬は自宅のベランダでとんでもないものを目撃する。
それはこよなく想いを寄せるテツノが夫と情事に耽る衝撃の光景だった。失意の黄瀬が向かった先、それは。
「涼○くん? どうしたんですか?」
いっそ殺してしまいたいとさえ思う程に憎き憎き男の一人娘、テツナのもとだった。
黄瀬がテツノを想うようにまたテツナもそんな彼に想いを寄せていた。
そんな想いを知りながらも失意と復讐とに取りつかれた黄瀬はテツナの恋心を言葉巧みに利用するのだが?

作品情報/動作環境

作品番号
RJ137710
ファイル名/ファイル容量
RJ137710.zip / 55.45MB
DLpt
 0
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「私の男」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件