同人 > 愛兄 > 性的刺激と巨人化に関する報告書

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 愛兄フォローする
販売日 2014年05月27日
カップリング
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数19ページ
ジャンル

作品内容

リヴァエレ、ハンエレの拘束監禁実験本です。巨人化する人間の生態と、生殖に関する調査のため
性的刺激による興奮を与えた状態での、エ○ンの様子を調査することになったハ○ジ。
監視役である兵長も実験に参加することになった。
ハ○ジとリヴ○イは直接エ○ンの体に接触して、快楽による刺激と巨人化の関連の調査を開始することになる。
隔離施設に移送されたエ○ンは、すぐに目隠しをされて全裸にされ、色々な卑猥な実験器具を体に埋め込まれ
鎖で拘束されて監禁される。
満面の笑みを浮かべたハ○ジは、嬉々として拡張器具を用い、エ○ンの身体へ卑猥な実験を行い始めた。

体を玩具にされることに抵抗を感じるエ○ンは拒絶しようとするが、上の許可は取ったと言われ、
兵長による調教をうけたために、実験のために体を差し出す事になる。
拘束されたままのエ○ンの体を、ハ○ジと兵長が二人がかりでじっくりと隅々までいたぶる。
二人はエ○ンの敏感な部分をもてあそび、器具を使って、喘ぐエ○ンを攻め立て続ける。
最初怯えていたエ○ンであったが、実験をされるうちに体が反応して気持ちよくなってしまい
体をぴくぴくと振るわせ始め、器具を中に挿入されたまま、感じ始める…。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ134936
ファイル名/ファイル容量
RJ134936.zip / 57.07MB
DLpt
 0
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「性的刺激と巨人化に関する報告書」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件