同人 > L同盟 > 戦国BAS○RA > SHAKIN' LOVE

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 L同盟フォローする
販売日 2014年05月22日
シリーズ名戦国BAS○RA
カップリング
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数52ページ
ジャンル
-

作品内容

「そんな、物欲しそうな顔してんじゃねぇよ」
 政宗は、幸村が離れて行かぬように仕組んだことが、望むとおりに彼に作用していることに目を細め、魂の奥底にまで伊○政宗の存在が深く突き刺さり、離れがたくなれと願っていた。
「アンタが、俺に求められたいと望んでいることは、アンタ以上に知っていると思うんだけどな」
 猟奇的な笑みを浮かべた政宗に、幸村の心臓が戦慄き、彼との行為を思い出した唇が開き熱い息が漏れ、瞳が濡れる。
「このような場所で、まして昼休みの最中に……」
 けれど口から零れたのは、政宗を咎める言葉だった。
「アンタの言うとおり、昼休みの残り時間じゃあ無理だよな」
 背を向けた政宗がそのまま歩き出すのに、幸村は慌てた。
「政宗殿、いかがなされた」
「こんなとこで、二人で何をしてんだって言われちゃ、かなわねぇからな。時と場所を、改めるとするか。じゃあな、幸村。見つからないように戻れよ」
「政宗殿っ!」
「Until then」
 振り向きもせずに――振り向けば一旦は抑えたものが現れてしまいそうで、政宗はそのまま重い扉を開けてくぐり去った。
 残された幸村はただ茫然と、予鈴の音に我に返るまで政宗の去った扉を見つめ続けた。

 今まで、途中で止めた事の無い政宗が――。
 幸村は悩み、政宗は彼に触れたい情動を抑え日々を過ごし、そして……。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ134925
ファイル名/ファイル容量
RJ134925.zip / 1.02MB
DLpt
 0
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

SHAKIN' LOVEの同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「SHAKIN' LOVE」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件