>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

オリジナル創作18禁BL DARKNESSHOUND
生意気で口の悪い殺し屋のプライドをズタズタにする屈辱の一夜

【あらすじ】
全身に大きな火傷を負った気だるそうな男、彼は国軍からの脱走兵ロッゾ、軍から追われる身である。
そんな彼に軍から差し向けられた一人の殺し屋、ダークネスハウンドは彼に弱みを握られ呆気無く捕まってしまう。

彼は殺し屋に危害を加えるつもりは無かったが、殺し屋の態度の悪さに羞恥的な嫌がらせをし始める。
それでもまったく怯まない殺し屋に、彼はついに手を出してしまうのだった…

マゾ気のある殺し屋をアヘ顔晒してイキ果てるまで生ハメアナルファック!
生意気で口の悪い殺し屋のプライドをズタズタにする屈辱の一夜
―本編60P収録

【作品情報】
ジャンル:オリジナル創作18禁BL
作品傾向:陵辱・コメディ風味
ページ数:全63P(内本編60P その他奥付表紙など3P)
性的趣向:男性同士・アヘ顔・羞恥・拘束・アナルセックス・フェラなど
※本製品はモザイクではなく黒線での修正です

作品情報/動作環境

作品番号
RJ133249
ファイル名/ファイル容量
RJ133249.zip / 53.83MB (56444502Byte)
DLpt
 0
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

DARKNESSHOUNDの同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「DARKNESSHOUND」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

強制/無理矢理(2) アヘ顔(2)

おすすめ!いい

2016年04月25日   さん 投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

殺し屋なのにどこか抜けてる?ところが可愛いです。
はじまりは本当に些細なことなのでしょうけど、これだけ素質があったらはまってしまいますよね。
ふたりの掛け合いもテンポが良くて、面白かったです。
シリーズ楽しみです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ちょっとコメディータッチなのが、読みやすい

2015年01月27日  dimsam さん

このレビューは参考になった×1人

殺し屋さんがやられちゃう話ですが、主人公が最初からやる気満々だったわけじゃないところに、ちょっと面白さを感じました。よくあるのが、最初から抱きたいと思っているパターンですが、そうではなく、からかっているうちにやる気になっていくので、ちょっと読んでいて新鮮でした。
あおってくる殺し屋さんも本当に始められて、戸惑うところがかわいかったです。

ボリュームと値段も見合っていて、完結はしているのですが、第二作目も読みたくなりました。

一応は無理やりですが、ハードな感じではないので、苦手な方でも大丈夫ですよ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

アヘ顔イキ顔

2015年01月25日  つかさ さん 投稿数 : 3位

このレビューは参考になった×0人

殺し屋のダークネスハウンドは不本意な弱みで敵につかまる。強気でどんな侮辱にも耐えるハウンドを思い切り犯す、犯す。次第に痛みが遠のいてアヘっちゃうハウンドさん。困ったもんです。少年的要素や恋愛要素ほとんどないので、そこらへんが好みの人は回れ右。ファック上等な人にはお安くお手頃ですよ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]