同人 > B-LINE > スラック・ライン > スラック・ライン第2話

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

児童養護施設を出て兄弟のように暮らすコウと悠。ある日、悠は新しく出来た画廊で水嶋というキュレイターと知り合った。
水嶋は悠のスケッチブックの絵が、有名現代美術画家である関口赤光の最新作と酷似している事に気付く。
水嶋は悠に興味を持ち、自分と関係を持てば画家としてデビューさせてやるという条件を提示するが、人間不信でコウ以外の人間とは上手くやれない内気な悠はその申し出をいったん断った。
一方、水嶋には、コネ目的で近づいた如月十真という画学生の恋人がいた。
十真は、水嶋が自分といる時気持がここにない事から、浮気とウソを疑いはじめる。
「なぜ、スケッチブックから2枚無くなっているのか」「どこで関口は悠の絵を見たのか」
調査を続けていくうち、既得権や偏見が新しい才能を阻んでいる、として
水嶋は任されている美術展「ドクメンタ・ジャパン」のテーマに、美術経験の無い者の絵画「アール・ブリュット」を選び、悠を新人アーティストとして推す事を思いつく。
しかし、水嶋はドクメンタ・ジャパンの新人には、美術エリートである十真を推すと、すでに約束した後だった…。

現代美術業界と、美術教育を受けていない者のアート、「スラッカー・アート」「アウトサイダー・アート」「アールブリュット」と、夢を目指す者、夢に迷う者の群像ドラマ。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ127288
ファイル名/ファイル容量
RJ127288.zip / 67.86MB (71153689Byte)
DLpt
 0
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

スラック・ライン第2話の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「スラック・ライン第2話」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件