同人 > 飛田流 > ぶっかけ男優課外授業

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

「――テツヤ、おまえがエロビデオに出たいだぁ?!」

 オレ、大学に通いつつ、コンビニでバイト中。童貞。
 テツヤ、親父が社長で正真正銘のお坊ちゃん。童貞。

「僕……ソレを今『経験』しておかないと、ずーっと『このまま』な気がするんだ」
 童貞をこじらせちまったのか、テツヤは思いつめた顔でこう言った。
「リ、リュウスケも、ぼ、僕と一緒に、ビデオに出てくれないっ」

 まんまとテツヤの罠(??)にハメられたオレは、数日後、ビデオにぶっかけ男優として出ることに……。

 そして、撮影後、オレとテツヤは、同じビデオに出たぶっかけ男優で、坊主頭の筋肉野郎から飲みに誘われる。
「俺たちでさっきの『延長戦』やろうぜ。ちょっと近くでヌイていこうや」
 この時オレたちは、こいつがどこに連れて行こうとしてるかなんて、知るよしもなかった。


 飛田流初期短編作品。
 400字詰原稿用紙換算約59枚。作品の前半を収録した無料体験版あり。
 なお、今回から従来のHTMLファイルの他に、PDF版の作品ファイルも収録しております。(両方とも内容は同じです)


●飛田流ホームページ 「WANDER STYLE」
 http://hidaryu.h.fc2.com/

 作者のブログ・サイトでも、本作の前半を掲載。こちらの無料体験版よりも、もう少しだけ長く読めます。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ124272
ファイル名/ファイル容量
RJ124272.zip / 379.17KB (388265Byte)
DLpt
 0
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ぶっかけ男優課外授業」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件