同人 > cloche > 呪われた姫といばらの塔

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
サークル名 clocheフォローする
販売日 2013年10月26日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

――15歳になったら、私は永遠の眠りにつく――


ローゼは、森に囲まれた城に住む、14歳のお姫様。

1ヶ月後に行われる、ローゼの15歳の誕生を祝うパーティー。
城の人々が張り切って準備をしてくれているそのパーティーを、ローゼは心待ちにしていた。

しかし、周囲の様子がおかしい。

明らかに動揺している従者のアルノー。
落胆した様子を見せる王と王妃。
不穏な噂話をするメイドたち。

そしてそれは、突然告げられた。


「お前には、“15歳になった時、糸車の錘に刺されて死ぬ”という呪いがかけられている」と――。


ある魔法使いによってかけられたという、忌まわしい呪い。
ローゼの誕生を祝う宴でかけられた強力なそれは、城にいたどの魔法使いにも、解くことができなかった。
周囲は、余計な心配をさせたくないと、ローゼにそのことをずっと隠していたのだ。

国中の糸車は、全て燃やしたので無いという。
ならば心配はいらないはずなのに、何故だか震えがとまらない。

幼い頃からローゼを苦しめてきた、いばらに傷つけられ締め上げられる、悪夢。
それが、パーティーの日が近づくにつれて、夢に見る頻度を増してきて……!

15歳になるまで、あと1ヶ月。

死の呪いの恐怖から、ローゼを守るのは、誰?

ゲーム内の雰囲気はこんな感じ!

呪われた姫といばらの塔 [cloche]

メニュー画面です。

呪われた姫といばらの塔 [cloche]

ゲームプレイ画面です。

呪われた姫といばらの塔 [cloche]

イベント絵

 

作品情報/動作環境

作品番号
RJ124020
ファイル名/ファイル容量
RJ124020.zip / 123.36MB (129348245Byte)
DLpt
 0
CPU
Pentium以降
メモリ
512MB以上(Windows Vistaの場合 1GB以上
VIDEO
65536色(TrueColor 16bit)以上
DirectX
9以降

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「呪われた姫といばらの塔」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件