同人 > とろちょこ > 調教少年

         
({{ product.rate_count }})
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

見ず知らずの館に迷い込んだ貴女。
そこで少年による調教が繰り広げられる――

本作品は女性向けオナニー用音声作品です。
また、少年の声は女性声優様にご協力していただきました。
女性の出す少年声が好きな方にオススメです。

製品概要

01.開幕~扉を開く音~ 約2分

館に足を踏み入れた貴女。
「これから、君と僕は主と奴隷。
 奴隷は主の言うことを守らなきゃいけない。
 一つでも破ったら、そこで調教は終了。
 …その場合、君と僕との関係は…他人になる。

 さて、どうする?
 この館に入った以上、君に拒否権はないけど…一応聞いておこうか。」

02.身体検査~最初の主従~ 約30分

調教前に貴女の体を知っておきたい――快楽に堕ちる度合いを見てみたい。
「…どうしたの?
 早く、触れて欲しいのか?
 それとも、いたぶって欲しいのか?
 おねだりするような変態に、調教は出来ない。
 …できないっていったんだよ。帰りたければ帰ればいい。」

03-1.フィムル~光源~ 前編 約30分

指示されながらの撮影会。
ご主人様の見ている前で――
「写真撮ってるところ、僕にも見せてもらうよ。
 君は僕の奴隷なんだから、他の人に見られて興奮はしないよね?
 …しないって信じてるけど、念のためにね。」


03-2.フィルム~恥知らず~ 後編 約15分

撮影会終了後――
「感じたのか?
 …お前を信用した僕が馬鹿だったよ。
 …僕の言葉を復唱しなさい。」

04.覗き見~奴隷の身分~(オマケトラック) 約10分

ご主人様が、貴女以外の女性を調教しているところを見てしまい――



本作品は調教師と奴隷の立場を考えて制作させていただきましたので、
恋愛要素や、愛情表現等一切ありません。

・調教師に見られながら、他の人による行為で興奮してしまう(撮影シーン)
・調教師が貴女以外の女性の調教をしているところを見てしまう

等の、精神面における支配を念頭に置いて制作させていただきました。
けして「貴女の為だけの調教師」ではないという事を感じ、惨めな気分で楽しんでいただけるような作品となっております。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ119156
ファイル名/ファイル容量
RJ119156.zip / 95.22MB (99848436Byte)
DLpt
 0

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「調教少年」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

管理されるのが良かった

2013年10月05日  

このレビューは参考になった×4人

レビュアーが選んだジャンル :

あまり、女性のだす少年声ものは聞かないのですが気になっていたので購入しました。声優さんの声も無理がなく、気がついたら音声に聞き入ってしまいました。
作品の内容も、実用的で(笑)まさに管理されているといった感じでよかったです。じらされたり、絶頂を管理されたい人は気に入るのではないかと思います。

ただ、セリフとセリフの間が開きすぎている箇所があり、せっかく集中していても、現実に戻されてしまうのが残念だと感じます。そこは次回作では改善してほしいです。
声優さんの声が思いがけず気に入ったので、次回作も期待してしまいます!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]