({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
DL : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 華乃フォローする
販売日 2012年12月16日
カップリング
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数60ページ
ジャンル
ファイル容量
2.73MB

作品内容

剣心、薫、弥彦の三人は海辺で一人の僧侶に、ある孤島を救ってほしいと頼まれる。
だが、絶海に浮かぶその孤島は奇妙な伝説が残る島だった——。
真夏の幻というか奇譚というか、蛇とか妖怪とかファンタジー色やや強めの少し不思議な冒険譚。
原作初期の捏造話。東京編の時間軸のお話。(るろ剣・剣薫)

プロローグ

嵐が通り過ぎる——。
太古、海を渡る嵐は、荒波を立て、人畜の棲処を掻き消した。

今、再び嵐が渡る。
——嗚呼、社が波間に消えてゆく。
波底に、悲恋の伝説は終わらず。
人在らざるものが動き出す。
曲魂は現世を彷徨い。
闇に消えたものの行方、杳として知れず。
異形の姿は人を喰い、輪廻の道は閉ざされた。

廻る廻る、終わらない。

——嗚呼、悲し、悲しや。
——汝、此の神の島を怨念呪縛から救いたまえ。

波底の終わらぬ悲劇を断ち切りたまえ。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「波の間に間に」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件