同人 > 真心ミルク工房 > 世界迷作劇場—シンデレラ—

         
({{ product.rate_count }})
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年11月26日
カップリング
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数30ページ
ジャンル

作品内容

「えっと、ところであと何年待てば正式に結婚出来るんだ? やっぱ最低四年は待たなきゃ駄目かな」
「え、魔法使いさん、まさか十四歳?」
「アニキって呼べよ。んなわけねーだろ。お前の年だよお前の」
「え、ボクの……! し、失礼しちゃうっす! ボクこれでも十八歳っすよ!!」
「え、じゅうは……マジで!? 見えねえ!!」
「ハッキリ言うな!」
「だってお前のお姉さん、すげー背高ぇじゃん!」
「お姉さんの身長はお父さんに似たんす! ボクは本当のお母さんが凄く身長低くて、そっち似なだけっす!」

——以下、本文より抜粋。

世界迷作劇場シリーズ第三段。十翔で、翔君が女の子なシンデレラパロディーです。劇チックではなく小説です。
魔法使いアニキ×シンデレラ翔君。翔君だけでなく、お兄さんも登場。ただしお兄さんではなくお姉さんでの登場となります。一人っ子じゃなく、二人姉妹です。裏もあります。
設定は遊龍亞の「シンデレラの靴を履いた兄」と同じですが、この小説自体はそちらとは繋がっておりません。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ105904
ファイル名/ファイル容量
RJ105904.zip / 464.11KB (475249Byte)
DLpt
 0
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「世界迷作劇場—シンデレラ—」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件