同人 > ほにゃロシ > 特にかわったことはありません(性別以外は)

         
({{ product.rate_count }})
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年11月18日
カップリング
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数54ページ
イベントコミックマーケット82
ジャンル

作品内容

「 いつからか湿り気のある音がかすかにしはじめて、奇妙に実感をかきたてた。若いなりにずっと胸は高鳴りっぱなしで胸の真ん中あたりからあふれる人恋しい気持ちをつたなく感じとって大事に記憶しようとしている。嬉しい。懐かしい。自分の回りをずっと押し包んでいた孤独が慰撫の手ひとつで際だってみえて切ない気分になる。じわりと鳥肌が立った。
 それでもどうしても何かが脳裏にひっかかる。それを確認するためにひじをたてて半ば振り向こうとした。けれど、相手は背中全体に覆い被さっているのでどこへ向かって発話しても同じだと悟った。
 「あの、カミナさん」
 「ん、」
 「シモンさんともこんなことをしているんですか」
 「……あー、黙ってろ」
 一言しゃべったあとまたハアハアと喘ぐ息づかいに戻った。尻から背中にかけて、ごりごりと熱くたくましい腹部の筋肉の束が擦りたて、後頭部にはきかけられる熱い息が髪を乱す。何より股間の隙間に、皮膚がふやけてしまいそうなほど熱くしめったものがさっきからこりこりと擦りつけられている。
 「…やぁらけえ。 たまんねえな、…気持ちいいぜ」」


テレビ初登場時性別がわからないと物議を醸した□シウが本当に女の子だったら………。
カミナをはじめ新政府内で総受け傾向、ソフトながらお道具あり鬼畜ありの□シウ女体化小説本。4万5千字、49ページ。C83新刊の読み切り。
表紙はささ(でんかく)様。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ105347
ファイル名/ファイル容量
RJ105347.zip / 58.43MB (61271276Byte)
DLpt
 0
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「特にかわったことはありません(性別以外は)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件