同人 > ほにゃロシ > がっつりリョロバせざるをえない(リョロバタイムスリップシリーズ) > がっつりリョロバせざるをえない!

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

シリーズテーマは「時空を超えるほど愛してる」。
 挿絵入りリョロバ長編小説2本組。
 「第一話」
 最強の虎と名高い黒髪の極限流空手格闘家、□バートは、道場で身動きとれなくなっていた。胸の上に相方の無敵の龍ことリョウが座っているからだ。段々息が苦しくなってくるのに□バートは相手をはねのけられないでいた。なぜなら胸の上の金髪の男はいつもよりずっとおさない表情、見知らぬ服装で「おまえがそんなことをするなんて」と涙をこぼしたのだ。
 ——おまえを泣かすくらいならわいがブラックアウトしたほうがマシなんや——
 二人の回想の中で、幼い頃に出会ったきり修行のため離れて生きてきたお互いの軌跡が明らかになっていく。
 一対一の甘い空気になんとツーコン乱入!? そして本気のタイマン勝負!どっちが勝ったかは読んでのお楽しみ。
 コブシとエッチで心通じ合う大人の恋をどうぞ。
 
 「第二話」
 タイムスリップ事件も解決して、はじめて心と体を通じ合わせたことでうきうきとすごす□バートとリョウ。ところがある日、自宅でお楽しみの真っ最中におかしな声がして、気づくと見知らぬ二人の男が出現していた…。
ぶっちゃけNBC(K○F11)コンビのいちゃいちゃっぷりが書きたかっただけです。
 
 長編パラレル小説「がっつりリョロバ」シリーズ第一巻。B6版二段組み44ページ5万3千字。美麗表紙および10ページにもわたる挿絵はしろまゆ様。
 
 ※ 元ネタを知っていればクスリと笑える小ネタも多いですが、知らなくても名前がカタカナで表記された通常のBL小説としてお楽しみいただけます。
 ※ 一話の前半の試し読みがhttp://www.pixiv.net/novel/show.php?id=1410490 にありますのでどうぞごらんになってご検討ください。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ101799
ファイル名/ファイル容量
RJ101799.zip / 127.29MB (133470672Byte)
DLpt
 0
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

がっつりリョロバせざるをえない!の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「がっつりリョロバせざるをえない!」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件