>    >  

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
{{ __('fb01') }}{{ __('fb02') }}
{{ __('fb03') }}
{{ __('rate02') }}
{{ __('rate03') }}

{{ __('rate04') }}

{{ __('rate05') }}
{{ __('rate06') }}

{{ __('rate07') }}
{{ __('rate08') }}

{{ __('rate09') }}

{{ __('rate10') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

【ストーリー】

夏休みが終了して、一週間が経過した。
まだ残暑が厳しいが、夏に比べたら日が短くなっている。
放課後。
ひばりヶ丘高等学校、一年A組の教室には私ともう一人、真鍋隆弘だけが残っていた。
部活に行く子も帰宅部の子も皆、行ってしまって、今はただ二人だけ。
静寂が満ちる教室で、私は自分の席にいて、前の席で横座りをして長い足を組み、手作りの台本に目を落としている目の前の真鍋を、ただひたすらに睨みつけていた。
真鍋隆弘。
長身で、美形。授業はサボりがちで遅刻魔。
適度に制服を着崩しているが、センスが良いのかだらしないという印象は与えない。
きちんと授業に出ていないくせに要領良く赤点を免れ、常にスタイルが良い美女に囲まれているこの男は、私にとって、三日前までは単なるクラスメイトだった。
いや、むしろ『あんな風に生きられたらラクそう』という尊敬……というか羨望の念を持って見つめていた。
そんな人畜無害な……っていうかある意味、真鍋のファンといっても過言ではない善良な私を、あろうことかこの男は罠にハメたのだ……!!

★『放課後の教室で』作品概要★

○ジャンル:乙女向け恋愛AVG
○制作ツール:吉里吉里
○END数:5
○CG枚数:1枚
○フルコンプデータ同梱
○攻略データ同梱

★制作スタッフ★

●グラフィック:ミネウラシトウ

●スクリプト:桃羽

●シナリオ:庄野真由子[http://mayukoshono.blog.shinobi.jp/]【空想庭園 真由子ブログ】

作品情報/動作環境

作品番号
RJ099808
ファイル名/ファイル容量
RJ099808.zip / 24.52MB (25713715Byte)
DLpt
 0

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「放課後の教室で」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件