({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
DL : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2012年03月13日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
6.23MB

作品内容

八月に入り、天気予報で、連日、最高気温が更新されていく猛暑が続く。
でも私はクーラーの効いた部屋の中にいるので猛暑の脅威とは無縁でいられる。
夏休みって素晴らしい……。
私はパジャマ姿のまま、すがすがしい気持ちで、部屋の窓から、晴れ渡る青空を見上げていた。

「今日もお出かけ日和だよね……」

「お出かけ日和じゃないわよ!!」

独り言に返事が返って来たことに驚いて、私は背後を振り返った。
背後には、幼馴染のしーちゃんがいた。
しーちゃんは、仁王立ちで私を睨みつけている。

「……まさか忘れているわけじゃないよね?」

「え?」

しーちゃんの言葉に私は瞬く。
何か約束してたっけ?

「明日から美術部の合宿だから!!今日中に!!宿題全部終わらせるから手伝ってって言ったでしょ!?」

「言った……かも……」

……そういえば、昨日の私は勉強しようと思っていたような気がする。
一晩寝たら、忘れちゃっていたけど……。

「じゃあ、さっさと着替えて、ご飯食べてきて。五分でね」

しーちゃんはにっこり笑って、言った……。

【ホームワーク作品概要】

○ジャンル:宿題を頑張るAVG
○制作ツール:吉里吉里
○END数:6
○CG枚数:5枚
○フルコンプデータ同梱
○CG+ノベル有

★制作スタッフ★

●グラフィック:ツナ

●スクリプト:桃羽

●シナリオ・スクリプト補助:庄野真由子[http://mayukoshono.blog.shinobi.jp/]【空想庭園 真由子ブログ】

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ホームワーク」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件