>    >  

         
({{ product.rate_count }})
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
サークル名 VODALES
ホームページ http://www.vodales.com
販売日 2011年12月15日
シリーズ名Vinsent -ヴィンセント-
年齢指定
全年齢
作品形式
同人ソフト音声作品 / ボイスストーリー
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

〜津波倉カヅキ(CV:伊藤健太郎)からあなたへ、65分間のラブレター。〜

『Vinsent -ヴィンセント-』は「伝えられなかった想いを託した一通のラブレター」をテーマにした一人称視点の物語を、あなたへ語りかける朗読スタイルで描いた完全新作オリジナルボイスストーリーです。

★プロモーションビデオ → http://youtu.be/FhWCqlqHD50?hd=1
☆同時発売『Vinsent 〜朝加屋ひばりからキミへ〜』(CV:伊瀬茉莉也)


【CAST】
津波倉カヅキ:伊藤健太郎

16歳 / 誕生日:8月8日 / 星座:獅子座 / 血液型:AB / 身長:178cm
好きなもの:おまえに勝つ事
苦手なもの:おまえに負ける事

澤鐘学院高校1年A組。副クラス委員。
地元を代表する大規模ショッピングモール「ジャニス」を運営している企業「津波倉グループ」の社長令息。
プライドが高く常識はずれな部分もあるが、仲間想いで律儀な性格。

【STORY】
地元を代表する企業「津波倉グループ」の社長令息・津波倉カヅキはプライドが高く常識はずれな澤鐘学院高校一年生。そんな彼とキミは小学一年生から10年間、何かと衝突を続けてきた腐れ縁だった。
同じクラスでキミはクラス委員、カヅキは副委員となり迎えた高校初の学園祭。「焼き鳥屋をやりたい」と言い出したカヅキとキミはここでもやっぱり衝突してしまう。しかし、二つに割れてしまったクラスのために奔走し、倒れたキミが保健室のベッドの上で目を覚ますと、枕元にはカヅキからキミへの一通の手紙が置かれていた——。

【STAFF】
監督:渡辺浩彰
脚本:梅村象山
音楽:新倉一梓

企画・原案・総合プロデュース:渡辺浩彰
製作・制作・販売:VODALES

『Vinsent -ヴィンセント-』公式サイト
http://vinsent.vodales.com
☆出演者インタビュー、PV等掲載中!

作品情報/動作環境

作品番号
RJ087745
ファイル名/ファイル容量
RJ087745.zip / 97.24MB (101963552Byte)
DLpt
 0

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「Vinsent ~津波倉カヅキからキミへ~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!負けず嫌いな彼の恋・・・

2014年08月19日  xw-bvq さん 投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×2人

伊藤健太郎さんだし体験版を聴いて気になってはいたのですが少し迷っていました。
そして購入後。
「なんで、もっと早く購入しなかったんだ~っ!?」という結果に・・・

出だしは落ち着いたカッコイイ男の子だったのに徐々に彼のイメージが壊れ始めます・・・良い意味で。

もうカヅキ君の語りが面白くて!面白くて!
お腹が痛くなるほどでした。

内容は一人語りのはずなのにクラスメイト達、登場人物をカヅキ君が真似るので語りに奥行きを感じます。
それはもう男子生徒から女子生徒まで。
さすが伊藤さん!と思わずにいられません。
何人ものキャラを演じられていて一人語りというのを忘れてしまうほど!

「おまえ(聴き手)」と呼ばれるヒロインも彼が真似るので、どんな女の子なのかも思い浮かびます。
不自然さもなく最後まで楽しめました。

自分と彼女の事を色々な例えで話す彼に笑いが止まりません!
歴史上人物から果てはチョコレート菓子まで。
最終対決(?)での学園祭。
「焼き鳥屋」にしても烏骨鶏を漢字から説明する始末。

あとは彼の手下的存在(?)の男子生徒数人とのやりとりは大爆笑でした!

小学一年生から始まり今に至る10年間の因縁。
冷静に上から目線で話してるかと思えば彼女にやり込められた事を思い出すと怒りに震えたり・・・
エキサイトしてる彼は笑えます!

聴くと「コレってラブレター?」と思わなくもないですが。
それでも根底に彼女への恋慕が感じられラブレターと言われればそうなのかも知れません。
彼女への思いを綴った唯の甘いラブレターなら飽きてしまいますが、こちらの作品は何度聴いても飽きないでしょう。
だって思いっきり笑えますから!!

本音と建前とプライドに邪魔されアレコレと脱線している彼を温かい目で(耳で)見守ってあげて欲しいです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]