同人 > つぎはぎProject > 暗羅街

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

人はいつ、どんな時でも娯楽を求める。
それは、もしかすると世界が退廃し、腐り落ちている時の方が明確に表に現れるのかもしれない。

心の端から徐々に腐り落ちていくように、道徳心など消えていく。
いつしか異端だったそれは、日常に当然へと変わっていくのだ。

この街も、きっとそうなのだと思う。

——暗羅街——

そう呼ばれる、この街には人を縛る法などなかった。
人が物の様に売られる事も、ゴミの様に捨てられる事も、家畜の様に殺される事も……平凡な一日の一枚でしかない。

狂った街だというのに、それは楽園に見えた。
狂っているのはこの街だけじゃない、世界そのものがもう退廃してしまっているのだ。

人々は楽園を求め、この街にやってくる。
そこに楽園など無い事を、本当は知っていながら——

作品情報/動作環境

作品番号
RJ065229
ファイル名/ファイル容量
RJ065229.zip / 79.39MB (83242611Byte)
DLpt
 0

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「暗羅街」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件