同人 > ZOMBIE PRODUCTIONS > サッカー選手陵辱シリーズ > VANILLA 8

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2010年08月15日
シリーズ名サッカー選手陵辱シリーズ
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数108ページ
ジャンル

作品内容

〔調教編〕
エースストライカー・松井英史は、オーナー会社TPGの営業特別顧問・東条に、
抗えない生活を強いられていた。

言いつけ通り、渡されたディルドゥで、肛門を拡張して来なかったお仕置きとして、
尻にディルドゥを入れたまま、自主練習に行かされる。

だが、このままでは練習が出来ないと、無断でディルドゥを抜く英史。
東条の元に帰る前に、戻そうとするが、自分では挿入することが出来ず、
逃げ出してしまう。

「ゆっくり調教してからと思っていたが――
  少し自分の立場を、分からせないといけないようだな」

人間燭台や、花瓶が飾られた、妖しげなパーティー。
仮面を付けたタキシードの男達に囲まれ、いやらしい椅子に、両足を大きく拡げ拘束され、
未開発の英史の身体は、様々な辱めを受けることになる。

サッカー選手・調教・異物挿入・クスコ・アナルプラグ・漏斗浣腸・シャンパン浣腸・木馬・アナル綱引き・言葉攻め・乱交 ~など。

表紙込み・108ページ
〔発行時の同人誌を、そのままデータ化した状態です〕
きみよしオリジナル・vol.64

紙媒体とは、修正が違う箇所がある場合があります。
サンプルのみ、モザイク処理をしています。

*「VANILLA27」発行にあたり、VANILLA2~20とLEON〔合計20冊〕の、DLサイト様販売価格を、
 100円下げさせていただきました。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ064996
ファイル名/ファイル容量
RJ064996.zip / 102.26MB (107226304Byte)
DLpt
 0
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

VANILLA 8の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「VANILLA 8」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

首輪/鎖/拘束具(2) 強制/無理矢理(2)

おすすめ!良い♪

2014年07月17日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

シリーズの過去編です。
時系列的には2本目。
まだまだ自分の立場に納得いっていない英史。
つい言いつけを破ってしまいます。
怒った東条に無理やり参加させられたパーティーで衆人環視の中あれやこれやをされます。
恥辱と痛みと快楽が英史を襲います。
慣れない強気受けが好きな方にオススメ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

秘密のパーティー

2012年03月19日  

このレビューは参考になった×1人

鬼畜物の定番、秘密のパーティーが出ます。
アブノーマルなプレイがどんどん出てきて、鬼畜系の良さが増してきます。
そんなことまでしちゃうんですか!
というドキドキ感を味わっていただきたい。
松井の健気受けは健在。
恥ずかしいのに感じてしまう松井に、キュンキュンくること間違いなしです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]