>    >  

         
({{ product.rate_count }})
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

シン、こんなときになんだが
なんでしょうか?
脇役の割にきみは、少ししゃべりすぎだと思うのだが?
がぁ〜ん(例の効果音)

解説しよう
シン・ア●カは機●戦士ガ●ダムS●ED DES●INYに出演する脇役・・・

なんで主役の俺が脇役扱いに、なってるんだぁ〜!

だがアやキはもちろん、デュやルの付く人にも負けている現実を見てしまったシンは、悲しみで胸がいっぱいになった。
そんなシンの目の前に、まるで天からの贈り物のように落ちている旗、フラッグが目に留まる。
そうだ、この旗を使って見事な旗あげを披露すれば、俺は一番目立てるかもしれない。
笑ってはいけない。
いっぱい目立ちたいと思いながらも、まるで呪われているかのように空回りさせられた彼が見つけた心からの想いを、誰が笑うことができるだろう。
さあみんな、俺と一緒に旗あげを披露しよう!

シンくんと一緒に旗あげをするゲームだよ。
かわゆく旗あげをチョコマカするシンくんは、とぉってもかわいいから要チェックぅ☆
うまく旗あげをすれば、禁断のご褒美をシンくんはもらうことができるよ。
どんなご褒美かは、ヒ・ミ・ツ♪

がんばれシン
きみはいつか主役になれる
その日まで旗あげを頑張るんだ!

だから俺は主役なんだよっ!

作品情報/動作環境

作品番号
RJ018951
ファイル名/ファイル容量
RJ018951.zip / 60.16MB (63084580Byte)
DLpt
 0

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「フラッグボーイシン「僕めだってるよねっ!」(Mac版)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件