お気に入り登録数 : 
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
予告開始日 2018年09月14日
作家 西然実音
イラスト 夏水かなた
声優 島田友樹
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

【キャラクター】
藤咲 玲司(ふじさき れいじ)
一人称:私
あなたの呼び方:お嬢様、貴女
年齢:26歳
”あなた”のお屋敷に仕える執事。
中性的な外見と裏腹に丁寧系S。
辛辣な物言い言葉の端々に棘がある。厳しいけれど面倒見がいい。
紅茶の入れ方が一流で、それに見合うケーキを作る腕もパティシエ並。
10歳の頃に両親を交通事故でなくし、身寄りがなかった玲司はかつて両親の友人だったあなたの家に引き取られる。
以来、あなたの身の回りの世話はすべて玲司がやっている。
思春期を過ぎた頃からお互いに意識し始めて、今は両親に内緒で付き合っている。
玲司は自分に置かれた立場も考えてあなたには手を出せないでいるが、
歳を重ねる度にきれいになっていくあなたを見て、触れたくて仕方ない衝動を日々抑えている。



【トラック内容】
01_
ピアノの練習をしていると、そこへ紅茶とケーキを持って玲司がやってくる。
話題は来週屋敷で開かれる、あなたの20歳の誕生日パーティの話に。
浮かない表情のあなたに「本日のケーキはお口に合いませんでしたか?」と玲司は訪ねてくる。
キスはするものの、「大人になってから…」とそれ以上の行為を躱そうとする玲司にずっとヤキモキしてしまっていた。
「二十歳がもう子供じゃないと言うなら抱いて欲しい」と思いを伝えるが・・・


02_
誕生日パーティ後。
挨拶回りや招待客の対応で疲れてしまったあなたに、玲司はハーブティーを入れてくれる。
そして、この前は自分の言葉が足りないせいで、貴女を傷付けてしまったと先日の一件を謝ってきた玲司。
幼い頃から一番近くで見てきて、自分のことを何よりも大切に思っている。
強く思っているからこそ、簡単には手を出すことができなかったという。
昔から、大事にしてきたものをこの手で汚してしまうことが怖い。
だけど同時に、自分以外の手で貴女が穢されてしまうことを酷く恐れている」という彼にあなたは・・・


03_
ドレスを脱がされ、玲司に、好きな人に初めて裸を晒すあなた。
綺麗ですね…あなたの反応を伺いながら、玲司はやさしく触れていく。
思わず声が出そうになるあなたに、
「もう夜遅いのでお父様もお母様も、休まれている事でしょう。
だから誰も来ませんよ。万が一、大きな声が出そうになった時は、こうして口を塞いであげます…」
とキスしてくれる。
玲司に優しく愛撫され、初めて絶頂を味わうあなた。
疲れた様子のあなたを見て今日はこれで終わりにしましょう、という玲司に
最後までしてほしい、とねだったのだった。


04_
ベッドの上でピロートーク。
体は辛くないか、と気遣ってくれる。
あなたはそれよりも玲司とひとつになれて嬉しかった気持ちを告げ、
甘い時間を過ごす・・・



【出演】
*島田友樹*



【イラスト】
夏水かなた


【総再生時間】
50分予定


©MELLOW YELLOW

こちらの作品も見られています