>    >  

お気に入り登録数 : 
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
予告開始日 2017年04月06日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

【登場人物】
・アズサ
義弟ダウナー系ヤンデレ。体が弱く家に引きこもりがち。だけど絶倫という強者。
産まれたときからあまり外界に触れることがなかったため、あなたの存在だけが彼の世界の中心となっている。
「おねーちゃんは僕だけのものだよ? 大好き。おねーちゃんがいないと、ぼくダメになっちゃう」
一人称:ぼく
リスナーの呼び方:おねーちゃん

・クリス
敬語責め尽くす系ヤンデレ。あなたが産まれた頃から面倒を見てもらっている専属執事。
自分が性的な奉仕をすることをおこがましいと思いつつも、しっかりがっつり求めてくる。
「お嬢さま、いいのです。私のことは『犬』とお呼びください。」
一人称:私
リスナーの呼び方:お嬢さま

・シュウジ
マッドサイエンティスト系ヤンデレ。秘密結社の博士。アンドロイドとして開発したあなたのことを溺愛している。
通常は見た目も含めさわやかな紳士だが、天才肌で変態ないわゆるヤバい人。
「美しい、なんて美しいのだ。きみはボクの光だよ! そう、まばゆいほどの!!」
一人称:ボク
リスナーの呼び方:きみ

・ヤスオミ
独占欲が強く、嫉妬深く、わがままだが、あなたがいないとダメになってしまう俺様系ヤンデレ。
財閥の息子。
「俺が手に入れられないものなんて何もない。お前も、お前の全てもな。」
一人称:俺
リスナーの呼び方:お前


1.【アズサ】ヤンデレ義弟の深い嫉妬。全身を愛し尽くされて、アナルまで弄ばれる
【ストーリー】会社の男性が家まで送ってくれたところを見ていた彼が嫉妬。「おねーちゃんはぼくのもの」と強引に体に教え込まれる。
【エロシーン】キス・リップ→アナル指

2.【アズサ】絶倫義弟の2穴挿入 ~ねえ、最後はどっちに欲しいの?~
【ストーリー】出張で1日家を空けることになったあなた。「ぼくのこと忘れちゃだめだよ」と2穴責めの白濁エッチ。
【エロシーン】膣&アナル挿入

3.【クリス】執事の彼に舐めまわされて、あそこのじゅくじゅくが止まらない
【ストーリー】朝のご奉仕。どんなわがままを言っても全てを受け入れてくれる彼のテクに悶絶。
【エロシーン】全身リップ→クンニ

4.【クリス】嫉妬エッチはネチネチと。敏感なところを何度も何度も刺激され……
【ストーリー】舞踏会のあと、嫉妬に狂った彼が謝りながら何度も体を求めてきて連続でイかされる。
【エロシーン】ペッティング→挿入

5.【シュウジ】メンテナンスは体の細部、ナカまで、最奥まで、舐めまわすかのごとく
【ストーリー】アンドロイドであるあなたのメンテナンス。自分の傑作であると悦に入る彼が全身をくまなく触ってくる
【エロシーン】ペッティング・舐め→挿入

6.【シュウジ】故障の確認は体と体で。狂おしいまで愛情とピストンが全身を痺れさせる
【ストーリー】ある実験中に機械のトラブルで危ない目にあってしまうあなた。彼が自力で救い出してくれ、そのまま体を貪られる。
【エロシーン】キス→連続挿入

7.【ヤスオミ】舐められ、舐めらさせられ、咥えさせられ、イかされても! 彼がイくまでしっかりご奉仕!
【ストーリー】互いの性器を愛撫しあうが強すぎる刺激にあなたは絶頂寸前。でも「俺を満足させろ」と彼は強引に求めてきて。
【エロシーン】69

8.【ヤスオミ】俺様王子からのやさしくも激しい奉仕に、あそこがびちゃびちゃに蕩ける
【ストーリー】ある日、熱を出して休養をもらっていたあなたのところに彼が来て、いつもとは違うやさしいご奉仕エッチをしてくれる。
【エロシーン】キス→挿入



【イラスト】
サワツキ

【総再生時間】
60分予定

動作環境(必須/推奨)

作品番号
RJ197707
注意事項
-

こちらの作品も見られています