({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
著者 てつおむ
出版社名 アムコミフォローする
レーベル 純愛wasabi
販売日 2018年07月29日
シリーズ名お前の香りたまんねぇ…絶倫上司が残業中に発情しちゃいました
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
その他
ページ数27
ジャンル
ファイル容量
13.99MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「お前の匂い、興奮する…。オイルの香りと混ざってやばいわ」。憧れの上司・黒川華月と同じチームで働くことになった葵。開発中の新商品のマッサージオイルのターゲットは…カップル!? だからって、なんで黒川さんと試さないといけないの!? 甘露なアロマが鼻腔に忍び寄り、とろりとしたオイルが肌を撫でる。「くすぐったがり屋は快楽に弱いんだよ。どこまで我慢できる?」「違っ。ひゃあああん」。口を半ば開いてエクスタシーにわななく葵。「黒川さ……そこやだっ。か、会社の中だよ?だ、誰か来ちゃ……」。コスメ会社の開発部のエースと、22時を過ぎて二人きり――。「今夜も別のやつ試そうか?」。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「お前の香りたまんねぇ…絶倫上司が残業中に発情しちゃいました 1巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件