({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年06月06日
シリーズ名官能小説家はアリスを好む
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
その他
ページ数38
ジャンル
ファイル容量
13.16MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「なんでこんなにドキってするの?」箱入り娘のアリスは、自立のために住み込み家政婦をすることに。働くのは叔父の友人・柴谷千草の家。アリスは最終テストを受けるが、一般的な家事はクリアしたものの、エロ小説の朗読という特殊な試験に赤面してしまい、千草に不合格を告げられる。彼は官能小説家だったのだ。アリスがあまりに必死で食い下がるので、千草は理由を聞くことに。話を聞き終わった千草はアリスの真剣さを認め、笑顔で採用を告げる。そうしてアリスは家政婦として千草の家に住み込むことに。こんなに自分の気持を聞かれたのも、受け入れられたのも、はじめて…。千草の笑顔を思い出し、アリスは顔が赤くなるのを感じていた。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「官能小説家はアリスを好む 3巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件