({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年05月26日
シリーズ名保護者失格。一線を越えた夜 特別版
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
その他
ページ数148
ジャンル
ファイル容量
148.58MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「私がいない間、一人でしていた罰だよ」ひとりエッチを帰宅した幸久に見られてしまったちづる。すると、幸久はお仕置きとして後ろから奥を激しく突いてきて―…。幸久と2人きりで温泉旅行へ来たちづるは、恋人として過ごせる時間に幸せを感じる。そんな中、旅館でちづるは2人組の若い男に絡まれてしまう。そこへ幸久が現れるが――…!?「…どこか触られた?」部屋へ戻ると、ちづるを押さえつけて強引にキスをする幸久。更には足を広げられ、蜜で溢れた秘部をくちゅくちゅと舐められて――。
◆収録内容◆「保護者失格。一線を越えた夜」第7話~第13話※本商品は「保護者失格。一線を越えた夜」第7話~第13話を収録した紙単行本2巻を元に再編集したものです。紙単行本の描き下ろしページは含まれておりません。※電子書籍「保護者失格。一線を越えた夜」3巻・4巻・5巻に同内容の話数が含まれております。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「保護者失格。一線を越えた夜 特別版 2巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件