({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
著者 平純久至
出版社名 天海社フォローする
レーベル コミックROSE
販売日 2018年04月13日
シリーズ名どうやら俺は山神様に嫁ぐ運命だったようです
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数19
ジャンル
ファイル容量
14.7MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「夜の務め?お主が望むならしてやらんこともないぞ?」
花咲村唯一の神社の一風変わったしきたり。
それは、境内にあるご神木の木蓮が時期外れに咲き乱れた時、神に純潔の嫁を捧げるというもの。
姉たちがすでに純潔を捨てていたために、代わりに選ばれたのは男である操緒。
仕方がないと意気込んで嫁いだ先で出会ったのは、イケメンな神様・清だった…!?
「嫁」というからには、夜の務めを予想していた操緒だったが、仕事というのは炊事、洗濯、掃除など、家事ばかり。
ある日、自分の歓迎会で弱いくせに酒を飲んでしまった操緒が清にキスを迫ってからというもの、二人の関係にも徐々に異変が…?
庭に積もるは桜の花びら、オレの心に積もるは恋心!?

山神・清とその嫁・操緒の純情ラブストーリー。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「どうやら俺は山神様に嫁ぐ運命だったようです 5話」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件