({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年03月18日
シリーズ名M女の日記
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数103
ジャンル
ファイル容量
82.06MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

ク○ト○スをこすると気持ちがいいと知ったのは、幼稚園の頃でした。
最初はブランコだったんです。
ブランコ遊びの順番待ちをしていて、なにげなくポールに跨がった時、
「あ…」ポールでさすられたオシッコの出るトコあたりから、
えも言われぬ気持ち良さがジーンと広がり、アソコをもっとこすりつけたい気がして。
「まァ、ダメよ。みさこちゃん。そんな変なことしたいけません! イヤらしい!」
その時、その気持ち良さはいけない事だと知ったのです。
同時にいけない事こそ気持ちいいんだって事も。
その日から人目を盗んでのオ○ニーがクセになりました。
オシッコのトコを何かに押しつけたり指でこすったり。
男の子にアソコを最初に弄られたのは、小学校1年の時でした。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「M女の日記I 荒縄志願!? 被虐牝人形!!」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件