({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年03月10日
シリーズ名きらいなあいつにシタゴコロ。【単話売】
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数33
ジャンル
ファイル容量
18.97MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「こないだあんな目にあったばっかなのに…あんた、こんな無防備で大丈夫?」

酔った勢いで恥ずかしい性癖を晒したあげく、駿とエッチしてしまったことに大ショックを受ける奏太。
二度と同じ過ちは犯さないと誓うが、またしても駿の前で飲みすぎてしまった!?
かわいく甘えてくる奏太の姿に、駿の理性は限界寸前で…!
奏太は学祭名物のファッションショーに出演する駿のために、靴を作ることになった。
駿は年下のくせに生意気だしチャラいし正直嫌いなタイプだけど、
駿のスラッとした脚にこっそり胸を高鳴らせる奏太。
そんなある日、奏太はショー関係者の飲み会で泥酔し駿の家に連れ帰られるはめに。
しかも酔った勢いで大好きな駿の脚にしがみつき、スリスリしてしまって…!?
すると駿は「どうせ触るならこっちにしよーぜ」とキスしてきて、なぜかセックスの気配!!?
脚を触りたかっただけなのに、イイところをかすめる駿の指が気持ち悦くて、思わず「もっとして」とねだってしまい……

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「きらいなあいつにシタゴコロ。【単話売】 2」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件