({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年03月06日
シリーズ名プレミアムセックスデー~金曜夜は社長の専属イジられオモチャ~
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数35
ジャンル
ファイル容量
10.25MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「俺が極上の女に躾けてやる」
――ドSな社長の“専属セックスパートナー”に選ばれた私…。
『プレミアムセックスデー』制度により、毎週金曜日は社長とエッチな残業をすることに……!?

――今まで一度も男性経験がないのに、
アダルトグッズメーカー『クリムト社』の受付嬢を勤める白笹 菊星(しらささ きほ)。
夜遅くまで一人残業をしていたある日、菊星は背後から見知らぬ男性に襲われる。
耳元に荒い息を吹きかけられ、スカートに押し付けられているのは間違いなく硬くなった男性の“アレ”。
(もしかして、このまま私…)そう思って必死に抵抗していたが、
なんとその男は、発作で意識を失いかけた自社の社長だった。

――翌週の月曜日、『クリムト社』では新たな取組みが導入されることが発表された。
それは、若者のセックス離れや夫婦間セックスレス問題をまずは自社社員から解消しようと、
毎週金曜日に早めの退社とアダルトグッズを使用した性生活を促す『プレミアムセックスデー』制度。
そして、その取組みの模範社員にはなぜか菊星の名前が…!?

――「あの日、なぜかお前の腕の中だと不思議と発作の症状が治まった。
この病を治せるのは、白笹菊星…お前しかいないと確信している」
国稀直々の指名でセックスパートナーに選ばれた菊星。
そのカラダは、戸惑い抵抗しようとする気持ちとは裏腹に、次第に国稀が与える快楽へと堕ち始める――…。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「プレミアムセックスデー~金曜夜は社長の専属イジられオモチャ~ 3巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件