電子書籍 > フューチャーコミックス > そこは触るなって! ~褐色野生児にせまられて~4

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

天才ハッカーの夏樹は、盗賊団の一員に身を置いている。
いつものように盗みを終えた一行は、南の島でバカンスをするために船へと乗り込んでいくも、
予想より荒れる天候に舵を奪われ、突如襲ってきた高波に飲み込まれてしまった――
砂浜で目覚めた夏樹は自身が遭難したことに気がつくが、
周辺は無人島ばかりで救助は絶望的だと諦めが脳裏をよぎった…
しかし、そこに現れたのが、黒髪・褐色肌・腰布姿で槍を持った部族の青年・アドネだった。
言葉が通じず警戒するアドネは、身体検査をするように夏樹の全身をなでまわしていく。
夏樹は恥ずかしさに身もだえるも、言われるがままに服を脱いでいき…
部族との肌を合わせたコミュニケーションの行方は!?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ138372
ファイル名/ファイル容量
BJ138372.zip / 8.64MB
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

そこは触るなって! ~褐色野生児にせまられて~4の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「そこは触るなって! ~褐色野生児にせまられて~4」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件