電子書籍 > アムコミ > 絶倫ヤクザと制服処女~ごちゃごちゃ言わずに俺に抱かれろシリーズ > 絶倫ヤクザと制服処女~ごちゃごちゃ言わずに俺に抱かれろ 2巻

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年12月15日
シリーズ名絶倫ヤクザと制服処女~ごちゃごちゃ言わずに俺に抱かれろ
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
ページ数56
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「今日は俺を疑ったお仕置きだな」
春樹が父の店を売ろうとしているのかと不安になる優莉。
こっそり後をついていくと、そこは不動産屋で―!?
勝手に覗いていたことが春樹にバレてしまい、不機嫌な様子で連れて行かれた先は父が営んでいた定食屋。
「俺無しじゃいられない身体にしてやる」
壁と春樹の間に挟まれて身動きがとれないまま、キスだけでトロトロにされてしまう優莉。
秘部を舌で念入りにほぐされると、恥ずかしいのに気持ち良くてたまらない。
軽々と身体を持ち上げられて奥まで一気に突き上げられたら、頭が真っ白になっちゃう―!!
春樹との距離が縮まったように感じる優莉だったが、彼には他にも秘密があるようで…。

作品情報/動作環境

作品番号
BJ133351
ファイル名/ファイル容量
BJ133351.zip / 13.99MB

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「絶倫ヤクザと制服処女~ごちゃごちゃ言わずに俺に抱かれろ 2巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件