({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年10月31日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数120
ジャンル
ファイル容量
80.65MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

お母ちゃんの留守に義理のとはいうても、お父はんとあないないやらしい事ぎょうさんして…。
なのに…なんや不思議と罪悪感やら不潔感やらおへんどした。
なんや身体が燃える。雄介はんの事考えとったせいやろか?
あ…あ、布の味がするわ。絹地の味、染の味、この味、雄介はんのあそこにかぶせた…フフ。
そやな雄介はんもこの味、味おうたのやろな。うちのアソコの味と一緒に。
いつもいつもそうやった。あてらの行為は薄い薄うい絹衣ごしの――。
絹の上から雄介はんの手ェがうちの身体撫で回します。
熱い手ェやのに、うちの身体ピクピク震えて自然に動いてしもうて……。
なあ? なんや赤うなってへん? このコ? ふくれて赤うなっててらてらしてはるん。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「薄衣、義父の指先でイカされて」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件