({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2018年02月05日
シリーズ名おじさん、私を好きになって-背徳の夜-
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
その他
ページ数58
ジャンル
ファイル容量
16.31MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「私を…女の子として意識して…」
保護者代わりの慶一との関係を変えたくて交えた唇。
絡み合う舌にみちるは期待をするが、彼はみちるの母親が好きで――…。

両親を8年前に亡くしたみちるがお世話になっているのは、両親の友人・慶一おじさん。
しっかりもので優しい慶一に心惹かれていたが、彼はみちるの母親を想い続けていて…。
「慶ちゃんが…好きなの…」
諦めきれず、少しでも自分を見て欲しくて初めてしたキス。
いつもと違う大人びた雰囲気、艶かしいみちるの表情に慶一は心を揺さぶられ…。
「身体…熱いよぉ…」
全身にキスの愛撫を受け、秘部は疼きとろけ…
激しく慶一に求められ、嬉しいはずなのにみちるの中に不安がよぎり…

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「おじさん、私を好きになって-背徳の夜- 1巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件