({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年12月06日
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
その他
ページ数81
ジャンル
ファイル容量
18.25MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「さぁ、採取しようか…」
試験管を片手に私の秘所から滴り落ちる大量の愛液を取り始める研究員。
試薬のせいで過敏になっている身体を弄られて‐……。

私・響子が通う大学には、ある噂がある
「開かずの扉があって、そこに入ったら最後、二度と出てこられない…」というもの。
ただの冗談だと思っていたのだけど、その扉に片想い中の佐々木助教授が入っていくのを目撃してしまった…!
そして、私は引かれるように、その扉に手をかけてしまった‐…

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「アカズノトビラ~地下研究室~ 1巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件