({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年10月18日
シリーズ名保護者失格。一線を越えた夜
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
その他
ページ数67
ジャンル
ファイル容量
20.06MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「叔父さんの匂いがするのに触ってもらえない…」
姪と叔父という禁断の関係を乗り越え、恋人同士になったちづると幸久。
幸久が出張の夜、さみしい気持ちを抑えられないちづるは、幸久のベッドで優しく自分に触れる指を思い出してしまう。
「私がいない間、1人でしてたの?」
帰ってきた幸久に1人Hがばれて、甘いおしおきを受けることに。
そして2人きりの旅行では、恋人として振る舞えることに幸せを噛みしめるけど…。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「保護者失格。一線を越えた夜 3巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件