({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年09月21日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数97
ジャンル
ファイル容量
41.83MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

私と夫は心から愛し合っている。夫は朝、出かける前に私を求めるほどだ。
身体の相性もいい。この家にいれば、あなたに抱かれていれば私は安心。
「きれいだね…体がピンク色に染まっている…」
今夜も全裸で抱き合い、彼のモノを受け入れながら彼が言った。
「幸せだよ。満足しているから…僕を愛してる?」
珍しいのね。そんなこと訊くなんて…。もちろんよ。何があっても…愛してる?
彼の愛撫を受けながら、ふと不安が胸をよぎる。
「あなた…?」ところが夫は独立しようとして詐欺に遭い、行方をくらましてしまった。
「今夜現れる男の指示に従ってくれ」という伝言を残し。
現れた男は、私の上の唇と下の唇を指で犯し言った。
「甘美なジュースだ。いい仕事ができる」

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「夫のため!? 私はオトナのオモチャ!!」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件