({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年09月07日
シリーズ名ちっぱい彼女と美人彼氏
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
その他
ページ数35
ジャンル
ファイル容量
20.46MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

「感度いいんだな? もうこんなになってる」
「やあっ、変な声出ちゃう!」
奏太の長い指が、伊織の敏感なトコロを掻き回して…

男の子っぽく、胸が小さいことにコンプレックスを抱いていた伊織が、
密かにココロ寄せているのが、同じカフェで働いているパティシエの瀬戸奏太。
自分なんて眼中なし、と思っていたら突然、奏太に告白され、唇を奪われた伊織。
初めて見る、奏太のいきり立ったモノ!?
女性みたいな美しいルックスの奏太君が、こんななんて―――!!
線の細さとは裏腹に、強引に舌を這わせてきて…
「やだ、私恥かしいよう。でも奏太君のは全然イヤじゃない…」

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「ちっぱい彼女と美人彼氏 3巻」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件