({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年11月19日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数76
ジャンル
ファイル容量
49.48MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

ああ、なんか疲れる。
感じる演技してるってのも。
そしたら彼が「なんか飽きたなァ」ですって!?
付き合い始めてそろそろ3年。
私ももうす30歳よ。
結婚話も出ていい頃なのに、そんな。
セッ○スの時、感じてるフリしたのがバレたのかしら。
それとも他に女が!?
ところが彼は5分も立たずに寝息を立ててる。
「もう何年も一緒に暮らしてる夫婦みたいじゃないの」
私達まだ結婚もしてないのに!!
これじゃ長すぎた春でプロポーズどころじゃないじゃない。
友達と飲んで泊まったら、艶かしい声に意識が戻った。
淫らな会話の後、2人はベランダに出た!?
月の光に照らされていたのは後ろからがっちり抱きすくめられる女の白い肌。
キレイ!! 凄い、お股に顔を突っ込んで彼女のを吸って…!?

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「人妻、絶倫夫に後ろから攻められて」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件