({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年11月16日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数69
ジャンル
ファイル容量
24.09MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

夫の中には私が踏み込めない何かがあった。
それは恋愛してる時にも感じていたが、
結婚すれば無くなるだろうと思っていた。

私は私なりに努力したつもりだったけれど、
恋人時代に感じた距離感は少しも縮まらず、
私の中に精神的疲労感だけが残った…。

もしかすると夫には何か秘密があるのかも知れない。

そんな時、電話があった。
電話の相手は昨夜出会った男だった。
昨夜は久しぶりに会った友人達と軽く飲んでいた。
そこに男が話しかけて来て、何件かハシゴし、
気がついた時、私はベッドの上で男は隣に眠っていた。
したのだろうか?
した事にショックを受けたけれど男が避妊具を使った様子なので
少し安心して眠っている男を残して急いでホテルを出た。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「人妻、夫と夫の先輩と3人で」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件