({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年11月14日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数72
ジャンル
ファイル容量
29.47MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

パティシエだった彼からは甘いバニラの香りがした。
指からはココア。唇からはラム酒。甘く熱い愛撫。私をとろけさせる交わり…。
日々繰り返す甘美な営みを私は愛だと信じていた。
1年前のあの日まで――。

「あの子が新しいセッ○スフレンド?」
私はただのセッ○スフレンドだった――!!

ホロ苦い想い出…。
今も美味しいケーキを食べる度に思い出す…。

私は松永麻里子。
結婚を来年に控え、今日は結婚式の打ち合わせにホテルに来た。
婚約者の学さんは、お見合いで知り合って間もないけれど優しくしてくれる。
私はきっと幸せになる――!!
そんな私達の前に現れたパティシエは、1年前私を傷つけた男、彰人だった。
彼は私を厨房に連れ込むと、無理矢理私を…!?

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「絶倫パティシエ、アソコにワイン!?」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件