({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年10月15日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
ページ数93
ジャンル
ファイル容量
31.78MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

夏の終わり、僕は女という名の海に囚われた。
彼女の唇と舌と髪は、僕の体に絡み付き、首筋から下に移動する。
彼女が僕のモノをくわえ愛撫する。僕は急激に高まり、我慢出来なくなる。
「あ…」
「いく? いいのよ。このまま出して」
彼女の言葉に、僕は思い切り迸らせる。
今度は僕が彼女の体を愛撫する。乳房を揉み、乳首を口に含み、舌で転がす。
手をアソコに差し入れると、指がヌルヌルになるほど濡れていた。
僕は彼女の体を自分の上に持ち上げ、下から挿入する。
海の中はあたたかい…。心行くまで2人は体を揺らした。
「聖、私に良く似たおまえ…。私の宝物。誰にも渡さない。お前は私が初めて愛した男よ」
「ママ…じゃ…パパは?」
言いかけて僕は止めた…。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「母親が初めて愛した人は息子!?」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件