電子書籍 > 秋水社ORIGINAL > 極悪女体調教!! 昼休みに資料室で!?

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年09月19日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数82
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

泣き叫ぶ私を男の肉棒が何度も何度も刺し貫いた。
それ以来、私は、どんな男とSEXしても感じなくなってしまった。
でも身の内から溢れる欲望は止めようが無い。
ベッドの上で全裸になり、恥ずかしいポーズをとりながらアソコを弄る。
「あっあ、はあッはっ」指でアソコを大きく開き、指を出し入れし、敏感な突起をこする。
「はあっはっあっい…い」指を奥深くまで差し込みながら、乳房を揉みしだく。
「くう、う」アソコがぐちゃぐちゃと卑猥な音を立てる。
「あっあ、イ…ク。くっ」私は達し、ビクビクと体を痙攣させる。
大量の蜜がシーツを濡らす。こうやっていつも自分で静める。
男なんて…。荒い息と快楽の余韻の中で思う。
そんなある日、私を犯した男が課長として戻ってきた…!?

作品情報/動作環境

作品番号
BJ119731
ファイル名/ファイル容量
BJ119731.zip / 62.41MB

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「極悪女体調教!! 昼休みに資料室で!?」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件