({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
著者 菊屋きく子
出版社名 miereフォローする
レーベル miere
販売日 2017年08月06日
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
その他
ページ数31
ジャンル
ファイル容量
32.27MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

相手が事後かどうかわかる不思議な力を持っている男・手賀は、
同じ会社に勤務する後輩・宮ヶ崎が、毎日違う相手と一夜を共にしていることを嫌悪していた。
ある日、友人が経営するハプニングバーで飲んでいた手賀は、
目隠しをされ、プレイ部屋に投げ込まれてしまう。
抵抗する間もなく、弄られていく身体……。
そんな手賀に手を差し伸べてくれた人がいたが、目隠しをしていたため姿は見えない。
ただ、握られた手と唇の感触だけは覚えていて――…。

※「miere」7月号vol.1(2017年配信)に掲載しているものと同じ内容になります。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「お前、昨日セ○クスしただろ。 第2話」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件