({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年07月29日
シリーズ名君煩いのリフレイン【単話売】
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
その他
ページ数24
ジャンル
ファイル容量
18.2MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」が必要です。 専用ビューアについて ]
  • この作品はMacではDLsitePlayのみの対応となります。 ブラウザ対応について ]

作品内容

新学期の席替えで、地味で陰気なクラスメイトの透と前後ろになった正樹は、
友人のいない透を気の毒に思い積極的に話しかけてやっていた。
しかし彼の妙に赤い唇やほっそりとした指先が目にとまるたびに総毛立つような胸のざわめきを覚え、
いつしか交際中の彼女もそっちのけで透と過ごすようになってしまう。
自分をおかしくする透を恐ろしく感じながらも、彼を誘うのをやめられない正樹。
いつものように透を自宅に招いたある日、
透から「彼女ができたことも、セックスをしたこともない」と告げられた。
正樹は考えるより前に応えていた。
「俺が教えてあげる―――」

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「君煩いのリフレイン【単話売】 2」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件