({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2017年06月24日
作品形式
ファイル形式
専用ビューア
その他
ページ数258
ジャンル
ファイル容量
9.63MB
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

跳ねっ返りのお嬢様、華道家元の一人娘・東海林撫子の元にいきなり舞い込んだ突然の結婚話。
しかも相手は、数日前に撫子を馬鹿にして暴言を吐いた最悪の男、伊吹。
彼は、生花の流通を手がける大手企業の御曹司だった。つまり政略結婚!? 
冗談じゃないと反発する撫子に伊吹は
「俺がベッドに引っ張り込みたくなるような大和撫子だって、証明してみせろ。そうすれば破談にしてやる」と。
そう言いながらも伊吹は、毎日花を抱えて会いに来ては、キスで彼女を惑わせて…。

明朗快活すぎるお嬢様と、調教気質の甘黒御曹司。
衝突しながらも近づき合う、じゃじゃ馬ならしの顛末は

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「なでしこ花恋綺譚 甘黒御曹司のじゃじゃ馬調教」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件